Cover-it-All(カバーイットオール)は純正品のシェルチェアにご使用いただけます

カバーイットオールは純正品のシェルチェアの中でも、ハーマンミラー社とヴィトラ社に合わせたサイズ設計をしており、純正品のシェルチェアにご使用いただけます。
後世ミッドセンチュリーと呼ばれる1958年にアメリカで発売開始されてから60年変わらないフォルムで愛されているイームズシェルチェア

アメリカのデザイナー チャールズ・オーモンド・イームズ が妻のレイ・イームズと共にデザインをした椅子で、エルゴノミックデザインと呼ばれるなめらかで有機的なフォルムと工業製品として生産できるFRPや樹脂で作られているその素材に特徴があります。

イームズ 夫妻は、積層合板やプラスチック、金属といった素材を用いて、20世紀における工業製品のデザインに大きな影響を与える作品を多く残しています。

イームズのシェルチェアは1950年代にアメリカのチャールズ&レイ・イームズ夫妻がデザインしたミッドセンチュリーを代表する椅子です。

意匠権が切れているため、現在は中国産(ABS樹脂製)も含めて様々なリプロダクト品が出ていますが、日本での純正品は3つと言われています。

◯米国Herman Miller(ハーマンミラー)社のグラスファイバー製(FRP素材)シェルチェア
◯ヨーロッパvitra(ヴィトラ)社製造ハーマンミラー社販売のポリプロピレン製(PP素材)シェルチェア
◯ハーマンミラー社が一時製造を中止していた間に製造を開始した米国MODERNICA(モダニカ)社グラスファイバー製(FRP素材)シェルチェア

イームズのシェルチェアの純正品は現在、日本ではハーマンミラー社から発売されています。

最近のハーマンミラー社のSNSではイームズ シェルチェアが空間に喜びをもたらすプロダクトとして紹介されていました。

人間の身体と心

どちらも大切にする視点でデザインをされていると。

1950年代に作られたヴィンテージイームズ シェルチェア から、現代に製造された新品まで、イームズ 夫妻がデザインをした有機的なフォルムはここに守られているのですね。

さらに60年前から生産されている中で、限定色のシェルチェアが多く存在するため、
ヴィンテージのイームズ シェルチェアはコレクターに大変人気があります。そこで多くの家具店でヴィンテージの純正品が販売されていますが、シェルの背面にハーマンミラー社、またはヴィトラ社の刻印があることが純正品の目印です。

カバーイットオールは純正品のハーマンミラー社とヴィトラ社のシェルチェアに合わせたサイズ設計をしており、純正品のシェルチェアにご使用いただけます。リプロダクト品はサイズが合わない可能性がありますので、ご使用はご自身の判断でお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。