Blog

ブログ

シェルチェアのエルゴノミックデザインを最大限に活かす座り方③ー(1)人間工学に基づく椅子の選び方

2019/09/19

イームズシェルチェアのエルゴノミックデザインを最大限に引き出す座り方③
人間工学に基づく椅子の選び方「イームズ シェルチェア 疲れる」は本当か?

 

日本語でイームズシェルチェアを検索をすると、キーワードの中に、「イームズ シェルチェア 疲れる」というワードが出てくることにみなさまお気づきですか。

 

個人の好みや体格などの差がある話とは思いますが、実は私もイームズシェルチェアに座ると疲れる一人でした。

どうしてだったのでしょう?

 

その①では「座骨の角度に要注意」シェルチェアに座った際に、姿勢がくずれることがあり、姿勢がくずれると当然、疲れることがあったことにふれました。

 

そして

 

その②では「座骨が前後に倒れる原因」がシェルチェアに腰をかけた時に滑ることと振り返りました。特に小柄な方は、シェルチェアの座面の高さが若干高いため、足の裏全面が床につかずに滑ることがあります。

 

そこで、その③では、どのようにしたら小柄な方もシェルチェアに腰をかけている際に滑らずに、人間工学に基づくシェルチェアの流線的なシェイプを最大限に活かして座ることができるのかを順番に考えてみましょう。

 

 

まずは、どのような椅子に腰をかける際にも重要なことを下記の(1)(2)として確認をします。

(1)人間工学に基づく椅子の選び方

(2)良い姿勢で座るとは?

 

次に(3)としてシェルチェアの座面を滑りにくくする工夫を考えていきます。

(3)シェルチェアの座面を滑りにくくする工夫

 

③(1)人間工学に基づく椅子の選び方

椅子を選ぶ視点は2つあります。

ひとつ目は、形、色、 材料、色彩などのデザイン要素で、もうひとつは、 寸法、角度、弾力、体圧分布、腰椎支持などの機 能要素です。

 

日常の様々な場面で短時間使用する椅子では、 体に合っているかどうかあまり考える必要はありません。 しかし、最近は長時間同じ椅子を使って仕事をする場面も増えてきました。

 

シェルチェアも、ダイニングだけではなく、デスクワークやミーティングスペースなど長時間の利用がされています。

 

ひとつめのデザイン要素は個人の好みが大きく数値で判断することは難しい視点ですが、二つめの機能要素はいくつか参考にできる数式があります。

 

シェルチェアを利用する人の体格から、この椅子がご自身の体格に合っているかを検討してみましょう。

 

最適な座面高を求める式

(式)座面の高さ=身長×0.25−1

 

シェルチェアの座面の高さはダヴェルベースで43cm、エッフェルベース44cmです。

上の式に当てはめてみると、身長176cm〜180cmの方へ適した座面高となります。

 

逆に、160cmの身長の方に適した座面高は39cmとなります。

身長160cmの方に適した座面高とシェルチェアの座面高の差は4〜5cm

 

ヒールのある靴を履いて利用する、カフェや屋外のミーティングコーナーなどではシェルチェアの座面高の高さも気にならないでしょうが、長時間使用する場面では、スタッキングベースの足を切り、座面高を低くするなどの工夫が必要です。

 

ご自身の身長にあったシェルチェアのベースを選び、座面高を調整することが大切です。

 

それでは、次に③–(2)良い姿勢で座るとは?どのような姿勢かをみていきましょう。

 

 

We cover everything

Cover-it-All

イームズ ミッドセンチュリー家具導入についてのコンサルティングを承ります。
(お問い合わせ先)

こちらのお問い合わせフォームより承ります。

または

03-3792-1950

受付時間:11:00~19:00(平日のみ)

※通話料はお客様の負担となります

Mail: info@cover-it-all.com

Facebook Feed

Unable to display Facebook posts.
Show error

Error: Error validating access token: Session has expired on Saturday, 02-Nov-19 19:26:41 PDT. The current time is Tuesday, 19-Nov-19 23:01:35 PST.
Type: OAuthException
Code: 190
Subcode: 463
Please refer to our Error Message Reference.
© KADONO&CO. ALL RIGHITS RESERVED.
Translate »